腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の原因 > 椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因

椎間板はクッションのような働きをしますが、椎間板ヘルニアの場合、内側にある髄核が飛び出した状態をいいます。

椎間板ヘルニアの原因といっても様々なタイプがあります。無理をしたり、運動不足などの生活習慣であったり、老化などが椎間板ヘルニアの原因と考えられています。

椎間板ヘルニアの原因を探る

椎間板ヘルニアの原因の1つ目は冒頭でご紹介した運動不足などの生活習慣です。運動不足によって本来は腰をサポートするべきはずの筋肉の筋力不足も椎間板ヘルニアの原因の1つと考えられています。

若い人に多いといわれる椎間板ヘルニアですが、若いからといって無理をして疲労が蓄積されることも大きな原因の1つです。特に無理な姿勢を長い時間続けていることは大きなリスクになります。

加齢も大きな原因のひとつです。椎間板に含まれる水分量が減少すること、加齢に伴って筋力が低下することは椎間板ヘルニアの原因になります。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集