腰痛対策net
腰痛対策net > ぎっくり腰 > ぎっくり腰の原因について

ぎっくり腰の原因について

ぎっくり腰の原因というとよっぽど腰を強く捻ったのだろうか・・・と思う人もいるかも知れませんね。しかし、実際は何故なのだろう??と思うほど、大したことではないようなことがぎっくり腰の原因であったりもするわけです。

ぎっくり腰の原因は何?

ぎっくり腰の原因は例えばくしゃみなどであったりもします。でもそれは直接的というよりは間接的な原因と考えられます。

何故なら、ぎっくり腰は老化がその原因のひとつといわれているからです。つまり筋力の低下が原因となるわけです。筋力が低下して、腰椎を上手に支えられなくなっている状態で腰を捻ったり、反ったりすると急な痛みがおこる場合があります。

ぎっくり腰はねんざに例えられます。椎間板や椎間じん体、筋肉や筋膜の損傷によって激しい痛みに襲われるわけですが、スポーツ選手の場合のように筋力の低下だけでなく、無理な姿勢をとったりすることで筋肉や筋膜が損傷しぎっくり腰になることも勿論あります。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集