腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症はやはり老化が主な原因で起こる病気です。椎骨が老化によって変形することが原因で高齢者に多くみられるのがその特徴と言えます。

脊柱管狭窄症と間欠性破行

脊柱管狭窄症は間欠性破行といって、例えばウォーキングなどをしている際に痛みやしびれなどで動けなくなるものの、少したつとまた歩けるようになる症状がその特徴です。

脊柱管狭窄症には3つのタイプがあります:

・馬尾型
・神経根型
・混合型

いずれも神経が圧迫される点で共通しています。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集