腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 椎間板ヘルニアは手術しない場合もある

椎間板ヘルニアは手術しない場合もある

椎間板ヘルニアというとすぐに手術だ・・・と思う人もいるかも知れませんね。しかし、実際のところはすぐに手術を行うことは稀で、できるだけ手術をしないで治す保存療法が現在は主流です。

椎間板ヘルニアの手術と保存療法

冒頭でご紹介したように椎間板ヘルニアは手術よりも保存療法で治す方法の方が多いです。その割合は全体の中の9割が保存療法、手術は1割程度にしかならないといったデータもあります。

椎間板ヘルニアは手術をしなくとも飛び出した髄核が自然と戻ることもあり、まずは保存療法が優先して行われます。

手術が必要な場合は例えば、排尿障害などが見受けられる場合や何度も再発を繰り返しているケースなど。勿論症状によっても変わってきます。

手術は最終手段。まずは医師に診てもらって下さい。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集