腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 妊娠初期の症状と腰痛

妊娠初期の症状と腰痛

妊娠初期の症状のひとつに腰痛が挙げられます。勿論、妊娠初期だけでなく、妊娠中は出産まで腰痛に悩む女性も多く、その数はなんと半数以上とも言われています。

妊娠初期の腰痛

妊娠初期段階ではリラキシンというホルモンが既に分泌されます。このホルモンのせいで骨盤がゆるくなっています。勿論、これは出産のために体が準備をしようとしているのですが、腰にとっては負担が増えてしまうことにもなります。

この妊娠初期段階の腰痛ですが、どうやって付き合ってゆけばよいのでしょうか。勿論医師に相談することも必要ですが、日常生活の中でも出来ることはあります。

まずは妊娠初期でも腰痛になりやすいということを常に頭に置いておくこと。今までは何ともなかった動作も腰痛の原因となります。ですから、できるだけ腰をまげないようにします。お掃除にしてもそうですが、かがむときは膝をついて腰を落としましょう。

そして、医師の許す範囲で適度な有酸素運動を行って筋力をつけることも効果的です。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集