腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 妊娠中の腰痛について

妊娠中の腰痛について

妊娠中の腰痛。妊娠初期の腰痛と同じようにその原因の1つにはリラキシンというホルモンが関係しています。他にも腰痛を引き起こす原因はありますが、その原因と対策とは・・・。

妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛はホルモンによって骨盤がゆるくなることがその原因のひとつです。2つ目に挙げられるのが、お腹が大きくなってくることで重心が前に移動してしまい腰に負担がかかるということ。子宮が大きくなって体重が増えますので腰には負担がかかります。

さて、妊娠中の腰痛対策ですが、本当は妊娠前から筋力アップをはかっておくことが良いのですが、そうも言っていられません。

まず無理をしないことが前提です。腰に負担がかかるような作業はできるだけしないこと。もしどうしてもする必要があれば、腰を曲げないで行うことです。さらに、料理をする際や掃除の際にも腰を曲げなくてもいいような工夫が必要です。

例えば、作業台の高さを調整したり、床にしゃがんで掃除をする必要があれば、膝を床につけて腰を落とすこと。また、医師に相談する必要はありますが、マタニティスイミングなども良いと思います。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集