腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 脊椎分離症の症状と特徴

脊椎分離症の症状と特徴

脊椎分離症とは脊椎の一部である棘突起(きょくとっき)という部分が切り離されてしまう病気ですが、意外にも子供にも多い腰痛です。

脊椎分離症の症状

脊椎分離症は10代前半に激しいスポーツをおこなって疲労骨折が治らないまま分離したケースが多いのが特徴です。また、壮年期の人にも見受けられます。

原因はやはり疲労によるものが殆どですが、遺伝も関係していると考えられています。脊椎分離症の症状としては疲れやすい、だるい、腰の痛みがありますが、腰に痛みを感じない子供もいます。しらずに脊椎分離症になっていたなんてこともあります。

ただし、放置しておくとすべり症に発展する場合もありますので注意する必要があります。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集