腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 変形性腰痛症とは

変形性腰痛症とは

変形性腰痛症は頻繁に見られる腰痛のひとつですが、その特徴の1つとして年齢が挙げられます。40歳以降から増え始め、50歳、60歳と年齢を重ねるにつれた発症率が高まってゆきます。

椎間板ヘルニアは比較的若い世代の腰痛なら、変形性腰痛症は中年以降に発症する腰痛です。

変形性腰痛症の症状や特徴とは

変形性腰痛症では腰に痛みを感じない時もありますが、朝起きたときや長時間に渡って歩いたり、あるいは腰に負担をかけるような作業を続けた後に痛みを感じます。

変形性腰痛症はいわゆる老化現象の1つで、水分が現象した椎間板がそのクッション性能を失いかけているところに骨と骨が当たって磨り減ってしまい、椎骨の表面にとげのようなものができます。

変形性腰痛症の予防や改善には適度な運動をこころがけること、無理な姿勢をとらない、又はより腰に負担のかからない姿勢をこころがけること、栄養に気を使うことです。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集