腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛の症状 > 腰痛と内臓の病気

腰痛と内臓の病気

腰痛は時に内臓の病気などが原因となって腰の痛みを引き起こすものがあります。全く腰とは関係ないようにみえながら、腰痛と原因となる。このタイプの痛みは関連痛と呼ばれています。

腰痛を引き起こす内臓の病気や心の病気

腰痛を引き起こす内臓の病気には胃・十二指腸潰瘍、胆石症、腎結石、尿管結石などは腰痛を引き起こす原因と考えられていますし、他にも様々なタイプがあります。

また、現代社会では避けて通れないストレスも原因になることがありますし、他にも心身症などの心の病気が腰痛の引き金になることもあるのです。

まずは原因を特定することが大切です。早めに医師に相談してみましょう。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集