腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛と心因 > TMSと腰痛の原因 > 原因不明の腰痛が治った

原因不明の腰痛が治った

腰痛症は原因不明の腰痛と呼ばれています。私自身、この症状に悩まされ、365日間も毎日痛みから逃げるようにして何とか仕事をしてきました。もっともこの365日間というのは激しい痛みを伴った日数で、実際に腰痛とは15年間もの付き合いでした。

いつかは治るだろうと漠然と思っていたものの、これだけ痛みが長い間続くとは正直なところ思ってもいなかったわけです。

その時、私が出会ったのがTMSという症状でした。

このTMSは緊張性筋炎症候群の略で、簡単に説明すれば間違った腰痛の知識を信じ込んでしまうことと、無意識の中に抑圧された怒りや不安といった感情が腰の筋肉などに影響を与えることで起こるものです。

つまり心の状態が腰痛を引き起こしているということです。私自身、すぐには信じることができませんでしたが、この治療により痛みは激減したのですからそれがこの理論の正しさを証明しています。

さらに腰痛患者、数千人もがこの治療によって治ったということも私がまずこの治療法を試してみたいと思ったきっかけです。ここでは腰痛の原因についてもう少し詳しくご紹介してゆきたいと思います。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集