腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛と心因 > TMSと腰痛の治し方> TMSの腰痛治療とその方法:毎日の注意

TMSの腰痛治療とその方法:毎日の注意

サーノ博士の著書、ヒーリング・バックペインにはTMSの治療の1つとして患者自身がどこでも出来ることを紹介しています。

それが「毎日の注意を復習することなんです。この毎日の注意は下記のようなものになります:(出典:サーノ博士のヒーリング・バックペイン 102項)

    • 痛みは構造異常ではなくTMSのせいで起こる
    • 痛みの直接原因は軽い酸素欠乏である
    • TMSは抑圧された感情が引き起こす無害な状態である
    • 主犯たる感情は抑圧された怒りである
    • TMSは感情から注意をそらすためだけに存在する
    • 背中も腰も正常なので何も恐れることはない
    • それゆえ身体を動かすことは危険ではない
    • よって元のよう普通に身体をうごかさなくてはいけない
    • 痛みを気に病んだり怯えたりしない
    • 注意を痛みから感情の問題に移す
    • 自分を管理するのは潜在意識ではなく自分自身である
    • 常に身体ではなく、心に注目して考えなければならない

この「毎日の注意」を1日15分くらい行う。私の場合ですが、私はいつもデスクワークの時が一番つらかったので、始める前にいつもこの「毎日の復習」を唱えるようにして読みました。

そして、心の奥底まで届くように努力しました。それが伝わったときには痛みは消えてゆきます。私の場合はそうでした。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集