腰痛対策net
腰痛対策net > 腰痛予防 > 腰痛予防のための座り方

腰痛予防のための座り方

腰痛の際の座り方や腰痛を予防するための座り方には注意したいものです。何故なら人は立っている時よりも座っている時の方が腰に負担がかかるからです。どの位の負担増なのでしょうか?

いくら背筋を伸ばしてよい姿勢であっても座った状態では立っている時の1.4倍の負担が腰にかかるのです。

腰痛予防と座り方

腰痛予防のための座り方には注意したいものです。例えば、椅子にあさく腰掛けたり、左右どちらかに体重を傾けたり、長時間にわたって座ることも腰痛にはよくありません。

逆に腰痛を予防する座り方は背筋を伸ばすようにして座ること、左右のお尻に均等に体重がかかるようにすること。両足は地面にキチンとついていることなどが挙げられます。

仕事の関係上、椅子に座る時間が長い人もいるかも知れませんが、長時間座ることは腰に負担がかかりますので、最低でも2時間おきに立ち上がるようにしたいものです。

 

関連記事

腰痛対策 〜前編

後編 〜心と腰痛の関係
リンク集